WEBマーケティングPLUS TOP > 資料詳細

SNSが消費行動に与えている影響とは?【意識調査レポート】

企業名:スターティアラボ株式会社

20代の96.7%は何かしらのSNSサービスを利用していると言われています。
個人が複数のSNSアカウントを所有するのは珍しくなく、
個人の生活から切り離せない存在となったSNS。

SNSはもともと個人間のコミュニケーションが目的でしたが、
近年では消費行動にも影響を与えるツールに変化しています。

そこで現在SNSはどのように使われているのか
消費行動にどのような影響を与えているのかをまとめました。

資料詳細説明

「現在利用しているSNSは?」
「SNS(Facebook、Twitter、Instagram)を利用する目的は?」
「投稿内容をきっかけに商品を購入したことはある?」
などなど、SNSに関する意識調査を実施しました。

気になる調査結果は資料をご覧ください!

【調査概要】
・集計期間:2018年8月10日~16日
・調査方法:インターネット調査
・調査対象:週1回以上SNSを利用している18~59歳 男女
・調査人数:448名

対象業種

全業種

対象企業規模

企業規模問わず

【ご提供いただく個人情報のお取り扱いについて】

  • 資料のダウンロードに際して、以下の事項に同意されたものと見なします。
  • ご入力頂いた個人情報は、「スターティアラボ株式会社」へ収集されます。
  • 「スターティアラボ株式会社」からのメールマガジン、電話、送付物による情報提供サービスを受け取ります。
  • 提供された個人情報は、各情報提供元企業のプライバシーポリシー下で適切に取り扱われます。

こんにちは ゲスト様

会員登録をしていただくと簡単にマーケティング資料をダウンロードしていただけます。

  • ログイン
  • 今すぐ無料会員登録する

厳選ホワイトペーパー

人気資料まとめ