WEBマーケティングPLUS TOP > 資料詳細

シネマ広告が他の媒体と一味違うワケを徹底解説!これからはシネマ広告の時代です。

企業名:株式会社Ree Ben Corporation

視聴者に強いインパクトを与えることが出来るシネマ広告の認知率は85%以上とも言われています。そのワケを映画マーケットの現状やCM視聴者の意見も交えながら1から詳しく解説しております。

資料詳細説明

「映画」は今も昔も老若男女が楽しむことが出来る人気のエンターテイメントです。2015年度の映画総動員数は約1億6千5百万人、興行収入は約2170億と、前年度比100%(※)を超えており、エンターテインメントが多様化する昨今において「映画」の存在の大きさを表しています。影響力の大きさとメッセージ浸透力の強さを兼ね備えるシネマ広告は非常に効果的なPR方法です。そして、産業規模は大きくなっているのに映画のデジタル化によって出稿料は以前より格段に安くなっています。今こそシネマ広告を活用すべきだとは思いませんか?

また、シネコンと呼ばれるレジャー施設やショッピングセンターなどに併設された大型の映画館が増えたこともシネマ広告の効果を高めています。シネコンのスクリーン数は現在約3000スクリーンと10年前の約1.5倍(※)に増えており、その人気がよく分かります。シネコンの発達によってシネマ広告だけでなくサンプリングやPRイベントなどさらなる相乗効果を生む施策も実現出来ます。

本資料では、映画マーケットの現状からシネマ広告の特長、活用のポイントまで詳しくご説明しております。そしてRee Ben Corporation社ならではの強みについてもご説明しておりますので、お見逃しなきようお願い致します!

※日本映画製作者連盟「日本映画産業統計」より

対象業種

全業種

対象企業規模

企業規模問わず

【ご提供いただく個人情報のお取り扱いについて】

  • 資料のダウンロードに際して、以下の事項に同意されたものと見なします。
  • ご入力頂いた個人情報は、「株式会社Ree Ben Corporation」へ収集されます。
  • 「株式会社Ree Ben Corporation」からのメールマガジン、電話、送付物による情報提供サービスを受け取ります。
  • 提供された個人情報は、各情報提供元企業のプライバシーポリシー下で適切に取り扱われます。

こんにちは ゲスト様

会員登録をしていただくと簡単にマーケティング資料をダウンロードしていただけます。

  • ログイン
  • 今すぐ無料会員登録する

厳選ホワイトペーパー

人気資料まとめ