今週の人気資料

ニーズ・満足度調査

市場調査

調査レポート

Webサイト・アプリ解析

広告効果・クリエイティブ分析

データ分析

広報・PR

ブランディング

ブランド管理

SEM・SEO

SNS広告

DSP・アドネットワーク

アフィリエイト広告

動画マーケティング

その他Web・メール広告

オフライン広告

外国人集客(インバウンド支援)

オウンドメディア強化(構築・運営)

サイト改善(CV率アップ)

SNS運用

イベント・販促施策

顧客管理・顧客分析

見込み客発掘

見込み客管理・フォロー

営業管理・営業支援

その他BtoB企業支援

店舗集客・店舗販促

ECサイト強化

顧客管理・顧客分析

越境EC支援

その他通販・EC支援

マーケティングBPOサービス

業務管理・効率化ツール

WEBマーケティングとは? ~基礎からトレンド、選ばれるコンテンツづくりまで~

「WEBマーケティング」という言葉を耳にする機会が増えていますね。しかし「WEBマーケティングとは何か?」を具体的に答えられる方は、多くないのではないでしょうか。SEO対策、WEB広告、ソーシャルメディア、コンテンツマーケティングなどなど、WEBマーケティングに該当する範囲はとても広範です。しかも、WEBマーケティングの手法には流行があり、移り変わりが早いという特徴があります。そこで今回は、マーケティング担当者が知っておきたいWEBマーケティングの知識や戦略・トレンドの手法など、プロの視点からご紹介していきます。

WEBマーケティングとは

「WEBマーケティング」という言葉を耳にする機会が増えていますね。しかし「WEBマーケティングとは何か?」を具体的WEBマーケティングとは、WEBを使用した販促活動全般のことです。集客にWEB広告を活用することはもちろん、ユーザーが利用しやすいようWEBサイトを改修することも、すべてWEBマーケティングの一環。いまやWEBサイトは企業活動に欠かせないものなので、WEBマーケティング戦略の重要性がどんどん増してきていると言えるでしょう。具体的なWEBマーケティング施策は、大きくわけて3種類あります。

(1)サイト集客対策・・・SEO対策、リスティング広告、アフィリエイト広告、SNS広告など
(2)リピーター対策・・・リターゲティング広告、メールマガジンなど
(3)コンバージョン率向上対策・・・サイト改修、ランディングページの最適化など

WEBマーケティング最大のメリットは、「効果測定ができる」という点です。WEBマーケティング施策にはさまざまな種類がありますが、いずれもアクセス数やコンバージョン率など数値データが鍵。WEBマーケティング施策を実施する上では、アクセス解析をはじめとする数値データの管理・活用が非常に重要です。

WEBマーケティングの基礎戦略

では、実際にWEBマーケティングをする際、どのような手順で進めていけばよいのでしょうか。

WEBマーケティングツールをどう使うか?

WEBマーケティングをはじめるときに、念頭においておきたい3つの要素があります。

(1)自分を知る
(2)他者を知る
(3)差別化を図る

WEBマーケティングは、まず自社サイトの現状を把握し(自分を知る)、競合サイト分析を行い(他者を知る)、2つの情報に基づいて自社が優位になれる方法を模索する(差別化を図る)という流れで行うのが一般的です。
一連のWEBマーケティング戦略において活用されているのが、各種のWEBマーケティングツールです。自社サイトの現状把握や、広告効果の測定などには、「アクセス解析ツール」を活用している企業様が多いと思います。同様に、競合サイトの分析のために、「競合分析ツール」を導入している企業様もいます。その他にも「SEO診断ツール」や「キーワードアドバイスツール」など、いろいろなツールが存在しています。
多機能な有料ツールから無料ツールまで、さまざまなWEBマーケティングツールがあり、WEBマーケティングに力を入れている企業様ですと、目的に応じて使い分けていることが多いようです。

しかし、どのWEBマーケティングツールを利用するにしても、使いこなせなければ価値がありません。導き出された数値データを元に、ユーザー行動や心理を分析し、自社サイトやWEB広告を最適化することがゴールです。

WEBマーケティングの基本であるアクセス解析ツールを例に、各種データを活用したアクセスアップ対策を考えてみましょう。

おすすめアクセス解析ツールと、サイト改善のポイント

アクセス解析ツールで一番メジャーなのは Google Analytics です。無料アクセス解析ツールですが、機能が非常に充実しており、かなり高度な分析まで可能です。しかし、機能が多いゆえに分析が難しく、「どの数字を見ていいかわからない」「データの見方がわからない」という声も多いようです。

見るべき数値は、目的によって異なります。たとえば「集客の強化」を目標にするならば、ユーザー数(ユニークユーザー数)に注目しましょう。ユーザー数が増えているなら、WEBマーケティング施策が成功しているということになります。Google Analyticsの付帯機能である「ユーザーレポート」や「集客レポート」を見ると、ユーザーの属性や利用時間、アクセスした経路などがわかります。ユーザーの嗜好や行動パターンを把握できるので、SEO対策やリスティング広告など集客施策に役立てることも可能です。

「リピーター増加」や「コンバージョン率の向上」が目標なら、ページビュー数に注目してみてください。ユーザーが求める情報にマッチするコンテンツを用意し、アクセスしやすいよう導線に配慮すると、ページビュー数のアップにつながります。1記事を短くしてページ数を増やす、関連リンクを配置するなどの対策が有効です。
閲覧されているページ数が増えるほど、サイト滞留時間が長くなり、親近感や信頼感につながります。結果的にはリピーターやファンが増え、コンバージョン率が改善されることが期待できます。

コンテンツマーケティングとは何か?

コンテンツマーケティングとは、「中身(コンテンツ)」づくりに着目したWEBマーケティング施策です。読み手にとって有益で説得力のあるコンテンツを提供することで、ユーザーから信頼を獲得し、購買行動を後押しようというもの。近年、特に注目度が高いWEBマーケティング施策のひとつです。コンテンツを充実させることで他サイトと差別化を図る手法が、最近のWEBマーケティングのトレンドになっています。

昨今のネットユーザの行動パターンと、キュレーションの関係

コンテンツマーケティングのなかでも、とくに流行しているのが「キュレーションサイト」です。いわゆる「まとめ記事」「まとめサイト」と呼ばれるものですね。最近は、キーワード検索の結果でもキュレーションサイトが上位になることが増えています。

キュレーションコンテンツは、読み進めるほど情報が深化する作りが基本です。最初に、テーマに対する明確な答えがあり、概要が端的にまとめられています。下に行くにつれて周辺情報や第三者の意見などもまとめられており、読み終えた時には知りたかったテーマについて、ひと通りの知識が得られているという具合。ユーザーを飽きさせない方法としてかなり有効です。

昨今のインターネットユーザーは短気なので、知りたい情報が見つからなければ、すぐにページを離脱してしまいます。情報があふれている現代では、適切かつ簡潔に回答が得られるコンテンツの需要が非常に高まっていると言えるでしょう。表面的な情報だけではなく、枝葉も含めて幅広く網羅できることが重要です。

最近は、コンテンツマーケティングの一環でキュレーションサイトを作る企業様も増えてきました。キュレーションサイトの構成は、自社サイトのコンテンツやランディングページを作る際にも参考になるはずです。

キーワードまわりを強化して自社サイトに呼びこむことも大切ですが、読者の期待を超える説得力のあるコンテンツがなければ、アクションにつなげるのは困難です。WEBマーケティングにおいて、コンテンツを充実させることの重要性は、今後いっそう増していくことでしょう。

こんにちは ゲスト様

会員登録をしていただくと簡単にマーケティング資料をダウンロードしていただけます。

  • ログイン
  • 今すぐ無料会員登録する

厳選ホワイトペーパー

人気資料まとめ